サンプル画像

ランドセルの選び方について-大きさ・重さ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

ランドセルの選び方には正解というものはありませんが、あえて正解があるとすれば子供の希望を上手にコントロールすることです。

ランドセル選びの失敗としてよくやってしまうのが、いきない子供に「どれがいい!?」って聞いてしまうことです。

まだ幼稚園児の好みは、刻一刻と変化します。

今日これでイイ!と言っていたのが、明日にはやっぱり嫌!と変わってしまうのです。

だから「あなたがこのランドセルがイイって言ったんじゃないの!」という言葉は通用しません。

予約注文してからそのようなことを言われては、困ってしまいます。

それに基本的に子供にランドセルの良し悪しは分かりません。 分かるのは「かわいい」「格好いい」「色がいい」くらいです。

へんに第一印象だけで決められてしまっては、使いづらいランドセルを購入するハメになりかねません。

それだけにランドセルを選ぶときは、手順をしっかりと踏まえて進めていく必要があります。

では、どのような手順で進めていくのがいいのでしょうか

親が候補を絞って子供に決めさせる

ハッキリ言って子供にランドセルの良し悪しは分かりません。

あるのは見た目で気に入ったかどうかということだけです。

それだけに、材質や機能、大きさや重量などは親御さんがしっかりと比較して検討するべきです。

基本的に「大きさ」は小学校1年生から6年生まで遣うのですから、「最初は大きい&最後は小さい」ということになります。

各ランドセルメーカー共にだいたい大きさは同じですから、あとはA4サイズのクリアファイルが入るかどうかなどの内部的な大きさだけチェックしておけば大丈夫かと思います。

「重さ」も同様に「最初は重い&最後は軽い」となります。

まあ、軽いにこしたことはないですが、あまり気にすることはないでしょう。

ただし、重いランドセルを選んだ場合は、小学校1年生の頃は小さい子供がランドセルを背負ってヨタヨタしている姿を見ることは覚悟しておきましょう。

では、次ページで「材質」について解説してみたいと思います。